既存住宅状況調査技術者による住宅診断

 

既存住宅状況調査技術者とは、建築士に限られて、講習の修了を経て住宅を検査する者です。 

検査は基本的に目視検査であり、非破壊検査です。 

中古住宅を購入するのに必ず必要ではなく、検査は購入者の任意になります。 

ただし、中古住宅購入前に受ける説明(重要事項説明書)には調査を受けるかどうか 説明しなくてはなりません。 

 

中古住宅 外観
中古住宅 外観

調査を受けたからもう安心  ではない

 調査は前述のとおり、目視が基本なので、内壁や外壁、屋根を剥がして検査するものではありません。

なので、調査結果が全て正解ではなく、目視によるものなので内部構造など見えない部分のほうが多いです。

 

調査する側もチェックシートに沿いながら進めていきます。 

つまり書類上はこうなる。でも状況判断としてはこうかな、

という建築のプロとして現場で培ってきた経験が重要な調査であると思います。