快適な土地の方位とは

建築に適した方位は、住まいなのかオフィスビルなのか

集合住宅なのかにより違いますが、ここでは一般的に住宅で考えます。

南向きの土地とひと言でいっても様々です。

 

広告などで良く見かける“南向き 南面道路”と書いていても、
あまりに狭い間口では南面の効果がうすれてきます。

このような土地は、玄関の配置が南側になることが多く、
玄関の横に居室を一間配置するのがせいぜいです。
つまり南向きの土地が良いと言うより、 南面の間口が広い土地が良いという事です。


なぜ、南向きの土地は良いのか?

建物への南の光の入り方を考えますと、
夏の日中は太陽角度が大きく、垂直面に対して鋭角に太陽光が射すので、
窓からの日差しが部屋の奥まで入ってこない角度になります。

反対に冬の南の太陽光は角度が暖く、部屋の奥まで光が入って床を暖めてくれます。
つまり、大きな開口部は南側にとるとすごしやすい環境になります。


では東向きと西向きはどうか

西日が暑いとはよくいいますが、東日も同じくらい暑いのです。
日射量は東も西も同じです。
ただ午前中の東の日射は気温自体がまだそう高くないので
午後の気温が上がった状態で受ける西日は余計に暑く感じます。
なので東面や西面が大きな建物は夏の日射からみると
南面よりも暑い日射が照り付けることになります。

 

北向きはどうなの

北風は脇に置いておいて考えると
北側は通年で安定した日射を得られる面です。
吹抜けなどの高い位置からの採光など、夏場でも午前の早い時間と
夕暮れ時に日が入りますが、他の時間帯は日射でなく
安定した光を取り入れることができます。
部屋の種類や用途では、北面の採光も有効です。