敷地を読み取る

敷地を読む

家を建てる基本は土地をどこまで理解できるかにあります。

敷地周りを重点的に観察することは重要なことですが、もっと大きな視点で、土地を観ます。

見渡す風景は近くに山があるのか、川が流れているのか、池やもっと大きな湖があるのか。

周辺地形は小高い丘なのか、谷地なのか、広い平野部なのか。

そして敷地の周りを眺めて、遠いところや近いところから土地みて

夜の状態はどうか?外灯や路上駐車、雨の日の水たまりや側溝のながれ、

晴れた日の日当たりなどを観察します。

街中の場合、お隣や裏の家の形や窓、境界からの位置など、できるだけ細かく観察します。


周りの建物の配置

お隣や裏の家の窓や出入り口

近隣の建物の将来的な変化について

風の通り道

太陽の差す光の方向

夜の状態と昼間との違い

地形と高さ

地域的な景観


世の中の状況からみて、自分の家が野中の一軒屋であることは希であり

普通は周りにいろいろな建物が建っています。

これらを考えると建物は外周りに大きく影響されるので、周辺をよく観ることは大事なことです。