集団規定を知る 街並の秩序

建物を建てるときに、大きさ、高さ 配置などにはもちろん制限があります。
自分の建物の大きさ、高さ、位置は自分で好きに決めることはできません。
街の中で多くの建物が建つことにはいろいろなルールがあります。
それが集団規定です。

 

用途地域により建ぺい率 容積率 高さ制限などがあり、敷地からの建物後退もあります。

 

市街化調整区域などは許可等が必要になるケースもあります。

土地購入まえには十分な調査をすることが大切であり

単に物件資料を不動産屋さんから説明を受けたから大丈夫など、安易に考えてはいけません。

土地には目に見えない法規規制がいろいろとあります。


ルールと個性のバランスを

街並の秩序を維持しながらもやはり個人としての家やお店。

住む人や店主のこだわりは表現したいですね。

地域の自然や歴史的背景など建物にはなにかストーリーをもつことが

街並みにうまく映りながら個性を表現できる建築を造りたいです。