耐震診断

 耐震診断員の講習を受けてきました。

大きな地震がくれば、多くの建物に被害がでます。

備えはだれしもしっかりしておきたいものですが、自分の家を地震に対して強くすることは現実はなかなか難しい面があります。

 

いつくるかわからない出来事(地震)備えて、費用をかけて耐震改修する・・・

それもある程度の額がともなうことです。

みんなが、はいします とはなかなか、いかないでしょう。

たとえ補助をうけて、改修するとしても簡単には実行できるかというとそうではないとおもいます。

 

昭和56年5月31日以前の建築物でないと補助の対象ではなくなります。

でもその日以降の建物の耐震が十分とはいえません。

現在の木造耐震基準までは何度か改正されてきております。

 

でもただ古い家だししょうがないなぁ と言っても進まないので

最初の一歩の、耐震診断を受けてみることをおすすめします。

それぞれの市町に受付窓口がありますので

お問い合わせをしてみてはいかがでしょうか。

 

もちろんこちらにご連絡いただいても結構です。