· 

建築年月を知る

昭和56年で耐震基準が大きく変わっています。         平成12年でも基準は変わっています。

昭和56年以前の建物はすべて耐震性が弱いということではありません。

もっと古い建物でも地震に耐えている木造は当然あります。

もちろん昭和56年以降の建物でも地震に強いわけではありません。

昭和56年はあくまで目安でみてください。

建築年月の確認は時代背景の建築様式や社会情勢で、建築資材の調達や金額の変化があり

それが建物の性能に影響があるためです。

 

確認申請書はあるか?

中古住宅は確認申請書類がない場合がけっこうあります。

ないというのは、建てたときは書類があったけど紛失した という場合が多いです。

はじめからない…ということもたまにありますが。

また確認申請書があっても、書類図面と現物建物の形が違うというケースもあります。

これは建てる時に間取り変更などして、違う形や面積になったということです。

建物と図面が合致していて矩形図、伏図などがあればリフォーム計画がやりやすくなります。

でも当時の施工段階で構造は図面と違う組み方をしていることも多く

改築の際は確実資料ではなく、参考資料として使用します。

確認申請書
外観 image