仕事の理念

この仕事を選んだ理由

子供の頃から建築の道を志していたわけではありません。
中学から高校そして大学へと、この時点でも建築をしたいと考えておらず、大学は経済学部です。
父の職業は警察官でした。父からは警察官はどうだ、という話もしたことはないです。

でも大学時代に叔父さんの不動産会社でアルバイトをさせてもらい、そこでは不動産という仕事に興味をもちはじめました。

社会人となり就職先が住宅メーカー(営業)でここから建築の道に入っていくことになりました。

でも営業という枠にはめられて設計や施工に直接仕事として携われず、お客さんと十分に打ちあわせをした内容を
ダイレクトに現場に反映できない日々がつづき、やはり自分で設計して現場に入り、施工とあわせて自分が納得する
建築ができていくことが一番良い仕事ができると思いました。

建築への想い

建築とはクライアントの資産を造ることです。
クライアントの想いのこもった大切な資産を、設計者のエゴやわがままで、自己表現したり、自己主張する場ではありません。
またお金を出すからといって、クライアントの言うがままの建築も、良いわけなどなく
最終的に有益な資産となるのかを十分に考えて提言し,何度もお話をする必要があるのは言うまでもありません。

 

 私自身が常日頃、口にする言葉ですが
その地その場にふさわしい建物はどのような建築なのか…

 

歴史の長い国である日本においてのモノづくりは、現代、現時点だけを見て建築するのではなく

時代の流れ、歴史の背景をじっくりと捉えて、移り変わる世の中で、一度出来ると簡単には更新できない

息の長いスパンの、建築物という地面の上に建つ、構造物をいかに存在させていくのか

簡単ではありませんが、これは建築の面白さです。

仲間との間で大事にしていること

仲間の連携の大切さとそれぞれ自身の思いやりが大切です。

建築は一連の連携プレーで現場が進んでいきます。
ある段階で、ある業種の職人が好き勝手をしますとスムーズに現場が進みません。

また自分の受け持つ範囲や工程さえクリアできれば、あとは知らないよ などというのも当然良くないです。

建築の工程は幾十にも重なります。
自分の受け持つ仕事の前と後ろには必ず他の仲間が仕事をします。
自分の次の工程を受け持つ仲間が苦労するような仕事は誰しも良くないと考えます。

つまり、ひとつのチームとして1つの建築を造りあげる これが仲間の大切さです。