地盤調査の立会い 必ず立会う調査の理由

建設費用を無駄に増やさないために地盤の強さを公正に評価します。

 

地盤調査には必ず参加し、立会います。

 

スウエーデン式サウンディング試験や表面波探傷試験を

調査会社任せなどにしないで

私は必ず地盤調査に参加して調査の初めから終わりまで立会いします。

 

なぜなのか?

 

自分の目で見て、土を触り 自分で判断する  これにつきます。 

調査結果のみ後から送られてきて、調査会社の考察にたよる

そして地盤補強の必要あり という補強工事ありきの評価…

                                                                                                   

地盤の強弱の人任せの判断は無駄な補強工事の費用負担になりかねません。

 

 特にスウエーデン式サウンディング試験の場合、スクリューロッドの回転抵抗と沈下スピードの速さや

リアルな音や振動は現場にいてこそ実感できます。

またスクリューロッド先端に付着した土を触り砂質か粘土質かの判断やロッドの抗穴にスケールを落とし込み地下水位を計ることはまさに現場においてできることです。

 

調査後の送られてくるデータ表をみて、地盤の強弱を判断することは建築のリアルから離れています。                         

 

私共は建て主さんの利益を守るためにほんとうに地盤の補強が必要なのか、

そのままの地盤で十分耐力があるかを判断をすることが設計者であると思います。