伏見の家 -3階建て 重量鉄骨造のガレージハウス-

3階建て・建替え・重量鉄骨造・ビルトインガレージ・オーダーキッチン・茶室

玄関

路地をイメージした玄関通路

敷き石は瓦を、正面ガラス扉は強化ガラスです。壁は左官壁でより和の空間としています。

階段 ガラスブロック

茶室ホールにつながる階段

隣の家までは人がやっと通れる幅で

窓の開け閉めにも気を使います。

ガラスブロックの明るい反射光で

室内をより一層に明るくします。

 

茶室

約3畳の間の茶室です。

が、ここはホールの通過点。

いわゆる廊下は茶室なのです。

和紙の障子の奥は水屋

水屋

幅900mmの小さな水屋

暗くなりがちな水屋ですが、正面の棚の奥が外部建具で採光をとっています。


リビング吹抜け

組積のデザインのエコカラットで壁を仕上げてあります。上部の折れ戸は寝室から見下ろせる構造です。ガラスブロックで光の行き来を考えています。

ダイニング

オーダーキッチンはこの家の間口専用に

設計したキッチンです。

機器類と収納を充実させた使いやすい

対面型です。

 

御影石の天板

白御影の天板のキッチン

重量感がありながら白い軽やかな空間イメージに白御影石を使用しました。


-1階は桧の無垢材を使用した和の空間-

 

フロント材のガラスドアから見る中玄関はヒバ材の木製建具としています。

穴あきブロックを袖壁としてガラスとグレー横引きの左官壁 敷き瓦 白玉砂利とコンクリートの一見

無機質な空間の奥に 和の穏やかな、訪れる方々をもてなすための、茶室を配置してます。

周囲地盤と建物高さの制限で床下の高さに限りがあるために、 炉は切ってはいませんが、 三畳下座床の形式としながらも 

 

亭主正面の収納壁を軸掛けを付け、 地窓をとり、水屋を仕切る障子の移動により、逆勝手の修練も考えてます。

 

タイヤ収納

ビルトインガレージ内には

壁の厚みを利用したタイヤや小物収納を

4セット造りました。

ビルトインガレージ

パイプシャッターで通風と明るさを

上部の鉄骨はリビングテラスの構造です。

-御影石のオーダーキッチン-

 

ダイニングの主座を占める大型の製作したキッチン。

キッチンの天板はは御影の天然石を使用により、 周囲の白壁とガラスの照明に自然に溶け込む風合いをしています。

 

床は400角タイル仕上げとし、温水床暖房を。

 



-2階、3階の木やガラスブロックと白を基調とした空間-

 

寝室はゼブラの床と、モザイク調のエコカラット、屋根勾配による4mの天井は 天井を低くした廊下から入ることにより

更に高さを感じることができます。 

開放できるガラス建具とガラスブロックは、 山桜を借景にした吹き抜けとつなげる事で季節を感じさせます。


伏見 戦国の雄 太閤殿下 豊臣秀吉の造りし城下町。 建築地は南に宇治川の流れ、北に天皇陵が位置しています。

春は窓からの桜が美しく、特にリビング、吹抜けからの景観は美しい 3階建ての為、1階の大半はガレージとなっており

主体構造は鉄骨造としています。

住居としての快適性と木を親しむ為に2次構造材として、全て桧を使用しています。

住宅街にありながら、窓を開けて過ごす事の心地よさ。

日本の四季の移ろいを感じることのできる家です。 



京都市伏見区桃山町

【参考資料】
建築面積 40.60㎡
延床面積 115.58㎡
敷地面積 68㎡
規模 地上3階構造 S
居住家族構成 夫婦