大津市 蔵に住む リノベーション

二間四方の整形な形の蔵 壁 天井 は塗り直し、床はレベル調整で新たに造りました。

蔵 2階 リノベーション

ー古箪笥と煙草盆ー

 

実際には寝室として利用予定の蔵の二階

壁と柱と天井を美しく塗り直してあります。

蔵 窓リフォーム 天井照明

ー蔵の窓 -

 

生活空間としての蔵の窓は鉄の網と木製引き戸のみでは実用性がないので、内側に新たにアルミ建具を仕込んでいます。

床は杉板フローリングを張りなおしています。


蔵 窓リフォーム

-通気のための小さな蔵の窓-

 

 

部屋として使用するため、網戸やガラスも必要なので、窓のなかにさらに鋼製建具を仕込んでいます。

蔵引き戸 火鉢

ー防火の戸と火鉢と箪笥ー

 

重い引き戸は二重扉で外側は漆喰塗りです。

 昔の木製火鉢は保存状態が良く、インテリアアイテムとしてで利用できます。

本瓦葺き 蔵

-本瓦葺きの屋根-

 

屋根は昔からの状態

漆喰壁は角を起こして塗り直しです。

 

 

蔵の階段

ー階段ー

 

階段は急な勾配ですが、階高がそう高くないので補修修理としています。

蔵の真壁に見える柱は直線でなく樹なりの曲線があり柔らかな雰囲気になります。

蔵 床張替 杉板フローリング

新しい木製建具は新棟へ通じるドアです。

 

蔵1階は収納部屋として使用しています。昔の箪笥も修理しました。

 

 

和風外観 ガリバリュウム鋼板 左官壁

ー町並みの中でー

 

蔵につながる建屋は古い街中にあり、建物は新しくなっても

できるだけ外観はあまりに主張することがないようにしたいと考えました。


以前の姿



昭和の初めころの建築の蔵を 物置としての使用から 1階は収納スペース 2階を寝室にリノベーションしました。

床下の構造は腐食が進んでいたので新たに床を組み、2階の床レベルは水平に修復しました。

壁や柱を補修や左官 塗装を施して黒と白の美しさを再現しました。

屋根は昔の本瓦葺きの4m四方の 小さいながらも重量感のある蔵です。

 

隣接する離れの新築に伴い 一体利用するために住まいの一部として再生です。